リネージュ

 

クエスト

リネージュの世界にはクエストと呼ばれるものがあり、クエストとはリネージュ世界の様々なキャラクターより依頼される、簡単なお使いからストーリーに沿った大掛かりなものまで、内容は豊富であります。
もしあなたに頼み事を持ちかけるキャラクターがいたら耳を傾けて、彼らの力になれば、それに見合った報酬を手にすることができるかもしれません。
それにクエストの中には何度も受けられるクエストがあり、経験の少ない場合は簡単なクエストを何度も受け、装備やアイテムなどを揃えるようにした方が良いと思います。

 

新兵訓練

歌う島にいるアレックスから冒険者に必要な戦闘の訓練を受けることができ、「よくきたな、私は歌う島で訓練所を預かっているアレックスだ。君は始めてみる顔だね。 なに、冒険者になったばかりだと?ならばまずは冒険者に必要な訓練を受けたまえ!」といったことをいうそうです。
冒険を乗り切って行くためにも、まずは戦い方をきっちりと学んだ方が良いと言えます。
対象レベル: レベル1~2

 

攻城戦

攻城戦とは「仲間を集めて血盟を創り、 そして、城を手に入れる。 」といったことがリネージュを楽しめるポイントの一つであります。
ワールドにはアデン城やケント城、ウィンダウッド城、ギラン城、ハイネ城、ドワーフ城、オーク砦に、ディアド要塞と合計8つの城があり、この各城の城主になるために血盟が一団となり、戦いが繰り広げられるのであります。
戦いに勝利した血盟の君主はその城の城主となり、その象徴としてキャラクターの頭上にクラウンが現れますが、オーク砦の場合はクラウンが現れないので覚えといてください。
城主としての名誉を与えられるのは各ワールドに8名だけで、君主にとって最大の目標といっても良いぐらいです。
城主になれば、莫大な税収を得られるといった権力を持つことができるのですが、一度城主になったら4日に一度はその強大な権力を狙う者達の挑戦を受け付けなくてはならなく、それに攻城戦に敗退した血盟は24時間布告したガードに襲われるというリスクを背負うことになるのです。
挑戦者はレベル25以上の君主が束ねる血盟であれば指定時間内の好きな時間帯に宣戦布告することができ、城主は城を守るため、布告側は次なる城主となるために戦いを永遠に続けていくのであります。

 

個人商店

プレイ中に(/shop)または(/商店)コマンドを使用するとショップウィンドウが出現し、ウィンドウ上段が販売を行うアイテムで下段が購入するアイテムの設定となり、更に下に商店メッセージの入力BOXがあります。
購入と売却はそれぞれ8種類まで同時に行うことができ、メッセージは2パターンまで登録することが可能であります。 購入のみでも売却のみでも商店モードは可能ですが、必ずどちらかは設定しないとなりません。


おすすめWEBサイト 5選

大型のスーツケース

最終更新日:2019/11/29

 

 

Top of Game -Lineage-トップ画像